ガイドグループ世話人の日記

はてなダイアリーガイド

はてなダイアリーガイドの草稿置き場です。この日記へリンクはどこでもご自由にどうぞ。ガイドを作るガイドグループ参加もお気軽に*。グループに入らなくても、ガイドははてなダイアリー市民なら誰でも作成・編集できるものですのでよろしくどうぞ。

※MacOS9でInternetExplorerをお使いの方は、この日記にコメントを書き込もうとすると文字化けすることがあります。対処方法はこちらをご覧ください。

 | 

1909-01-01「ガイド作りのガイド」草稿1

キーワードで情報共有

知らない人にはわからない、だけどあなたは知っている、そんなはてなダイアリーのお役立ち情報をキーワードに残してみませんか。

このガイドを含めて、今あるすべての“お役立ちっぽいキーワード”は、一般のユーザーたちのちょっとした共有意識と心遣いでできていると言っても、過言ではないでしょう。「キーワードのどこかに説明がある」というのは、時にとても重宝なものです。

どこのキーワードに書けばいいの

はてなダイアリーガイド」が作られる前から、はてなダイアリーでははてなユーザーにとってお役立ちのキーワードが『はてなカテゴリー』に登録されています。「はてなダイアリーTips」や、「はてなダイアリーFAQ」などがそうです。

それぞれのキーワードシリーズには編集方針みたいなものがあるので、まず書こうと思った「なにかの資料」が、どのキーワードに向いている題材なのかを見ていきましょう。

よくある質問
→「はてなダイアリーFAQ」でしょう。疑問と回答の形式です。
トラブルシューティング(困った時の対処法)
→これも「はてなダイアリーFAQ」向きです。また「はてなダイアリーガイド」で該当する項目の補足に書き込みます。他には、例えばトラックバックに関するトラブルシューティングなら、キーワード「トラックバック」に説明項目をもうけるというふうにしても良いでしょう。
なにかのコツ・便利な技
→「はてなダイアリーTips」でしょう。ある程度基本がわかってる人に、必要な情報にしぼって伝えたいときに向いています。
初心者向けに一から説明
→「はてなダイアリーガイド」でしょう。基礎的な情報が必要な場合はそれもできるだけフォローして作っていきます。
はてなダイアリーの新機能の使い方
→「○○○○」という機能の説明をするなら、「○○○○」というキーワードを作っておくのが良いでしょう。その楽しみ方や注意点をくわしく紹介していくなら「はてなダイアリーガイド」でしょう。
ルールマナー
→新しいルールは勝手に作れないので、規約やヘルプにこういうルールを載せてくれとはてなに要望します。マナーもキーワードの説明文は中立的でなければいけないので書きにくい題材ですが、盛り込むとすれば「はてなダイアリーガイド」でしょう。

もし「どれにも合わない」と思ったら、新しいキーワードを立ち上げれば良いでしょう。作成後、「はてなダイアリーに関するキーワード」に書いておくといいと思います。

ガイドの特徴

そういった色々なキーワードの中で、「はてなダイアリーガイド」は要するに「ガイド」です。はてなダイアリーにやってきて、なんだか色々わからないという人を「案内」します。「こんなことをやってみよう」「でもこういうことには注意」ということを逐一説明していきます。

情報が盛りだくさんで時にはゴチャゴチャし、基本がわかっている人には回りくどい内容も多いのですが、とにかく最初から読めば、ステップアップするような構成になっています。

「目次」で続き物の読み物として、「索引」でリファレンス集として利用できるようにまとめられていっています。他のヘルプ系資料にたどりつく案内も兼ねています。

ガイドを書いてみる

はてなダイアリーガイド」を書く手順の例です。

準備.下調べ

ヘルプやガイドに同じことがすでに書かれていると、無駄になってしまいます。目次などで調べましょう。また別のキーワードに充分な説明が書かれている場合もありますから、キーワード検索などで少し調べてみます。すでにどこかに充分な説明が書かれていたら、ガイドからリンクを張るだけで良い場合もあるでしょう。

準備.はてなダイアリーガイド作成作業テーブル

これから書こうと思っている草稿をすでにだれかが書いている最中だと、無駄になってしまいます。その予防のため「はてなダイアリーガイド作成作業テーブル」にこれから書く項目を挿入して知らせておくと良いです。まだ書けるかどうかわからないし、他の人とぶつかったら私のは無駄になってもいい……ということなら、別に書かなくても大丈夫です。

1.草稿を書く・ガイドを書き変える。

草稿となる文章を書きます。テンプレートになっている部分(バナーなど)は、キーワードの編集画面からコピーしてください。私はいつも草稿を書くとき、『こんな文章で良いのだろうか』と考えてしまいますが、そこは開き直ります。

自分の日記で書きにくければ、草稿置き場として利用できる「ガイドグループ(g:guide)」もあります。

すでにあるガイドキーワードを編集するときは、普通のキーワードと同じように書き変えます。

2.はてなダイアリーガイド作成用伝言板

そのままだとガイドの読者が読みにこないので、「はてなダイアリーガイド作成用伝言板」に草稿を書いたことを記入します。すると気づいた人が「はてなダイアリーガイド目次」に草稿を組み込んだり、指摘をくれたりするでしょう。だれからも反応がなければ自分で目次をいじります。

すでにあるガイドキーワードを編集したときも、伝言しておくといいかもしれません。

3.キーワード化

草稿をしばらく自分の日記においておくと、指摘や質問のコメントがあるかもしれません。必要があれば修正・追記します。ガイドに不満を持たれていないときは、たぶんなんの反応もありません。一抹のさびしさをこらえながら、折を見てキーワード化します。

他の人によってキーワード化されることもあるかもしれません。はてなダイアリーガイドの草稿はキーワードの説明文同様、勝手にコピー・改変されることがあるものとしてご提供ください。

このときもはてなダイアリーガイド作成用伝言板に連絡した方がスムーズでしょう。

4.ガイド誕生

新しいガイドの誕生です!おつかれさまでした。キーワード化したのでだれでも改変できるようになりました。

この後も内容修正等フォローすればさらに良いですが、別に義務ではないので、手をはなれたかんじがします。

他の「Tips」や「FAQ」では、基本的にキーワードを直接編集して追加していきます。

sugiosugio2004/11/29 21:40このページのガイドで疑問の残った方は、ここにコメントをお願いいたします。その他よろしければご指摘ください。

 | 

ホームページ制作