ガイドグループ世話人の日記

はてなダイアリーガイド

はてなダイアリーガイドの草稿置き場です。この日記へリンクはどこでもご自由にどうぞ。ガイドを作るガイドグループ参加もお気軽に*。グループに入らなくても、ガイドははてなダイアリー市民なら誰でも作成・編集できるものですのでよろしくどうぞ。

※MacOS9でInternetExplorerをお使いの方は、この日記にコメントを書き込もうとすると文字化けすることがあります。対処方法はこちらをご覧ください。

 | 

1901-01-01タグの説明書けるかな(企画倒れ)

タグって

この文章をブラウザの「ソースを表示」などで見てみると、いろいろぐちゃぐちゃ書いてある果てに

<p>はてなダイアリーを書くのに必要なタグなんて少ないので、ここではそれが使えればいいやという気分でざっと説明してみます。</p>

などとなっているのを発見できるかと思います。英語、英語だ。

<>で囲まれた部分がタグです。pはパラグラフ(段落)のpで、こいつは「Pタグ」といいます。

<p>は“ここから段落が始まりますよー”という印で、</p>は“ここで段落は終わりでーす”という印です。

お察しの通り、これはコンピューターが読むものです。「コンピューター言語」とか、単に「言語」といいます。くやしいことに、今から説明する「HTML(言語)」は、その中でもとりわけ簡単なものだそうです。

コンピューターは<p>と</p>で囲まれた部分を見つけると、“ソコハ、ヒトツノ、段落、ナノデスネ”と、コンピューターらしく認識します(一部空想ふくむ)。

そして、前後を改行して次の行との間をちょっと開けて表示したりします。ページを読み上げる音声ブラウザなら、ひと呼吸入れてから次の行に移ったりします。なにをさせるかはブラウザとか、後で出てくるスタイルシートで変わるんですけど、コンピュータさんに“ソコハ、段落ナノデスネ”と、認識させることが大事なのです。

ソース画面をもっとよく見ると…見なくてもいいですが、<p>と</p>で囲まれた文章たちがさらに<div class="section">と</div>で囲まれています。意味は飛ばしますが、また何かをコンピューターに知らせる印なわけです。

 | 

ホームページ制作