草稿集積棚 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-07-20久しぶりの編集 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

はてなダイアリーガイドを1から見直して、ちょっとした追記や編集を行った。

具体的には、複数アカウント取得に関する内容(「はてなダイアリーのルール」ではシステム改定前の説明のままだった)、日記編集画面でのリストボタンに関する内容(「一番深いネスト」は一般に通じる表現ではないように思われる)、サイドメニュー部「日記を書く」の説明(「全部消える」というのがその日一日分がすべて消えるような印象を与える)、編集画面でのキャッシュ更新(これで内容が消える例も多い)など。


取り敢えず基本編のみ。本当はまだ穴の多い応用編あたりを埋めて行きたいのだが、ちょっと手が回らない。

2005-03-26タイトルを画像にする方法 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

最近教えてはてなでこの手の質問が多くなっているような気がするのでTipsとして加えておくと良いかな、と。

h1をdisplay:noneで非表示にしてヘッダーに追記したimgをタイトルに見せる?

本当はh1をfont-size:1pxぐらいで表示して画像サイズの半分のpadding指定、背景に画像を表示した方がいい(h1のまま表示上は画像に)んだけど、その方が設定が少々複雑ということと最小フォントサイズを指定するようなブラウザでは文字が見えてしまうということと。

2005-03-08応用編:草稿(部分)

見出しを変えてみよう 見出しを変えてみよう - 草稿集積棚 を含むブックマーク はてなブックマーク - 見出しを変えてみよう - 草稿集積棚 見出しを変えてみよう - 草稿集積棚 のブックマークコメント

はてなダイアリーでは、見出しにはh2(日付ごとのタイトル部分)、h3(各記事のタイトル部分)、h4、h5(各記事の小見出し)を使用しています。それぞれの見栄えを変えてみましょう。

見出しを装飾してみよう

見栄えの変え方は背景の時と一緒ですが、bodyの代わりにh2〜h5のいずれかに対して指定するので、

h2 { プロパティ : 値 ; }

のような書き方になります。

複数の見出しに同じ指定をしたい時は、

h2, h3 { プロパティ : 値 ; }

のようにカンマ(,)で区切って記入します。

文字の大きさを変えてみよう

文字の大きさを変えるには、font-sizeプロパティを使用します。例えば、

h2 { font-size: 150%; }

のように書くと、h2の文字は本文の大きさに対して150%のサイズで表示されるようになります。

font-sizeに使用できる単位

font-sizeの値は、パーセンテージの他、単位による指定、親要素*1に対するサイズ指定が可能です。

(ここで各表記の説明)

枠線を引いてみよう

余白には「内側の余白」と「外側の余白」がある

文字の表示位置を変えてみよう

太字にするには、太字をやめるには

そのほかの装飾

引用、リストなども同じように装飾できる

*1:ここに「親要素」の解説

2004-06-29HTML&CSS解説 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント





2004-05-21ガイドの方針について

はてな本との差別化 09:27 はてな本との差別化 - 草稿集積棚 を含むブックマーク はてなブックマーク - はてな本との差別化 - 草稿集積棚 はてな本との差別化 - 草稿集積棚 のブックマークコメント

はてなダイアリーガイドはこれまで、あまり親切とは言えないはてな公式のヘルプに代わって初心者向けの機能解説として動いてきたのだが、ここへ来てはてなの全機能を解り易く解説した本が出たことで、少し違った方向性を目指す必要があるのではないかと考える。

具体的には、主にはてな本で押さえきれない部分を中心に開設していくのが良いのではないか、ということだ。


無論、はてなを始めたばかりの初心者に対し「はてな本買って下さい」では話にならないので、押さえるべきところはきっちり押さえる必要があろう。けれど、やりすぎてしまうと逆にはてな本の存在意義を全く損なってしまいかねず、それはそれで宜しくない。


どこで線を引くかは難しいところだが、取り敢えず初心者向け解説は最低限の動作---日記の書き方とはてな独自の簡易表記、コメント/トラックバック、キーワード程度---に留め、あとはカスタマイズの詳細な説明に専念してしまっても良いのではないか。